富山中央青果ユキナガの業務日誌

富山の台所、富山中央青果に2010年7月に入社したユキナガです。富山県産野菜&果実のPR隊長目指して、がんばります!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とやま地場野菜拡大推進協議会検討会&研修会

先週、3月21日(水)に弊社大会議室にて、とやま地場野菜拡大推進協議会の平成23年度第2回検討会&契約野菜拡大研修会が開かれました。

IMG_7321_20120327093851.jpg

会場には生産者のみなさん、各JAさん、振興センター・広域普及指導センターの普及指導員らが集まりました。
平成23年度の活動実績および販売実績、契約秋冬野菜の生育・販売経過と次年度対策、平成24年度の生産出荷計画、次年度の活動計画について、話し合われました。

IMG_7326.jpg

引き続き研修会では、大松青果(株)の蔬菜部長・松岡氏より、「県内量販店や加工業者のニーズと県産野菜に期待すること」と題して講演いただきました。
実際にスーパーさんや加工業者さんらの声を聞いている仲卸さんの話ということで、生産者さんらにも興味深く聞いていただけたようでした。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 10:04:51|
  2. 富山の野菜&果実たち
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

寒締めコマツナ目そろい会&コマツナ農家さん見学

この冬、県が中心となって「カンカン野菜プロジェクト」なるものが行われています。
カンカン野菜とは、寒(カン)と甘(カン)。
富山は雪国。雪が降ると、畑は雪の下となってしまいますが、冬のこの条件を利用し、「低温化でゆっくり育てる」、「寒気にさらす」、「一定期間貯蔵する」ことで甘さが増す野菜を「カンカン野菜」と名付け、特産化を目指しています。
その対象品目の一つに、寒締めコマツナがあり、今回は寒締めコマツナの目ぞろい会がありました。
富山県内の生産者さんが集まり、栽培のこと、出荷のことなどを話し合いました。

会議のあとは、射水市のコマツナ生産者、荒木さんの畑に研修へ。
今回のプロジェクトで初めてコマツナ作りに携わる生産者さんもいらっしゃるので、
コマツナの作り方そのものを研修させていだたきます。

116_5015.jpg

ズラ~と並ぶハウスさん。中にはコマツナちゃんがスクスクと成長していました。

116_5018.jpg

中には作業中のスタッフの方々が。

116_5020.jpg

コマツナを収獲されています。

116_5024.jpg

こちらでは袋詰め、箱詰めにされていました。

116_5022.jpg

生産者のみなさん、見学しつつ、質問しつつ、勉強させていただきました。

116_5026.jpg

寒締めコマツナが富山市場に入荷するのは来月くらいでしょうか。
これから寒気に当てて、糖度をあげていくそうです。
寒締めホウレン草はありますが、コマツナもできるんですね~、楽しみです。

  1. 2012/01/16(月) 15:41:46|
  2. 富山の野菜&果実たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」プロジェクト!!

寒くなってきました。
天気予報ではチラホラと雪マークが登場していたり…。
そう。雪国富山では、雪が積もると、野菜の出荷がぐんと減ります。
露地栽培が多いので、雪の下になっちゃうと、収獲もできないですしね~

でも!!
寒いと甘さが増す野菜もある!!

というわけで、「とやまのカン(寒)・カン(甘)野菜」プロジェクトなるものが立ち上がりました。
低温下でゆっくり育てる、寒気にさらす、一定期間貯蔵することで、野菜の糖度が増すなど、
冬の寒さでおいしくなるメカニズムを最大限に利用した、“とやま”ならではの野菜を生産、出荷します。

今シーズン初の試みということで、弊社会議室で、プロモーション会が開かれました。

1208_3072.jpg

会場には、主催の県農産食品課、県広域普及指導センターのみなさんをはじめ、
市場関係者、スーパーのバイヤーさんらが出席。
注目の高さからか、多くのマスコミさんも集まりました。
中央のテーブルには、カン・カン野菜プロジェクトの対象品目が並びます。

1208_3054.jpg

このピンクのシールが目印です。

1208_3055.jpg

寒締めホウレン草。
くしゃくしゃっと葉っぱが縮れた、座布団のようなホウレン草もありますが、このように立性タイプのものもあります。
こちらも寒さにあてることで、糖度が増します。おひたしにすると、おいしいんですよね~

1208_3058.jpg

コマツマも同様に、生育後半に寒気にあてます。

1208_3067.jpg

雪中ニンジンです。

1208_3063.jpg

雪中大カブに、プチヴェールとオータムポエムです。

1208_3062.jpg

これらは低温下でじっくり時間をかけて、育成します。

1208_3066.jpg

サツマイモ「安納芋」と、ヤーコンです。
こちらは秋に収獲したものを貯蔵することで、甘さが増します。
安納芋は鹿児島県種子島の特産で、甘みが強くしっとりとした食感で、近年人気の品種です。
ヤーコンはオリゴ糖などを含み、健康野菜のひとつとして知られています。

1208_3087.jpg

試食会も行い、業者さんやバイヤーさん、マスコミのみなさんにアピール。
しっとりねっとりとした安納芋の食感や甘さ、キャベツのシャリシャリとした歯ざわりと甘みは好評でした。

まだ取り組み始めたばかりということで、野菜のでき、出荷量や数量などはちょっと不安定な部分もあると思いますが、
せっかくなら少しでもたくさんの消費者のみなさん、外食・中食の業者さんらに知ってもらえたらいいですね。

  1. 2011/12/08(木) 13:13:39|
  2. 富山の野菜&果実たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上市町産つるぎサトイモの試食宣伝

サトイモの季節になりました。市場にも富山県上市町産「つるぎさといも」がどーんと入荷しています。
ねっとり粘りがあってやわらかく、イモにうまみがあります。
今回はバロー黒瀬店さんで試食宣伝を行いました。
いつもは産地のおかーさんに煮っころがしを作っていただくのですがスケジュールが合わず、
今回は自分で煮ることに…。
7キロの煮っころがしは初めて!!
さすがに皮はむいてもらいましたが、大きめの鍋で2回煮ました。
大量の煮っころがしを持って、バローさんへ。

1022_0063.jpg

入り口から入るとすぐに、サトイモゾーンが!!!上市のサトイモが盛り盛りになっています。

1022_0065.jpg

750グラム入り298円と、かなりお買い得です。

1022_0067.jpg

こちらはM、Lサイズの大きめさんたち。皮がむきやすいんですよね~。

1022_0069.jpg

5キロ箱の半分ほどの箱詰め、ネット入りと、さまざまです。

1022_0071.jpg

試食の煮っころがし。白だし、しょうゆ、みりん、お砂糖の中にサトイモを入れて煮ただけ。
ちょっと汁が多くて、煮っころがしには…ならなかったのだけど、
「おいしいわね」「なかなか上手に煮えてるわよ」と言っていただき、よかったです。
やっぱりイモ自体がおいしいから、簡単料理でもおいしくできるんですね~

1022_0072.jpg

店頭には、通常より大きいA4サイズのPOPも展示。
地元のおかーさん方に教わった「イモ汁」と、個人的に好きな食べ方を載せてみました。
お客さまの中には目に留められた方もいらっしゃったので、アピールしてみました。
毎年、この時期に味わえる「つるぎさといも」。
煮っころがしはもちろん、シチューやカレー、パスタにグラタンと、
和洋中といろいろな料理で食べていただきたいです!!

  1. 2011/10/23(日) 10:17:25|
  2. 富山の野菜&果実たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチジク見学に行ってきました。

イチジクといえば…、富山市大沢野地区!!店頭にも姿を見せていますよね。
仲卸の中根商店さんにイチジクのほ場に連れて行っていただきました。

IMG_8206.jpg

お邪魔させていただいたのは、大沢野いちじく出荷組合組合長の永瀬さんの畑です。
おぉー、イチジクが実っています!!!

IMG_8212.jpg

ほほー、こんなふうに実がつくんですねぇ。初めて見ました。

IMG_8225_20111006103406.jpg

赤く色づいてくると、ぶら~んと下がってくるんですね。

IMG_8222.jpg

組合長さんが1つ、もいでくださいました。ん~、おいしい!!

IMG_8228.jpg

剪定されたイチジクの木。作業がしやすいように、背丈の高さほどになっています。

IMG_8251.jpg

富山を代表するイチジクの産地、大沢野。特に女性にイチジクファンが多いですよね。
これからもおいしいイチジクをよろしくお願いします!!!

  1. 2011/10/06(木) 07:38:20|
  2. 富山の野菜&果実たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。