富山中央青果ユキナガの業務日誌

富山の台所、富山中央青果に2010年7月に入社したユキナガです。富山県産野菜&果実のPR隊長目指して、がんばります!!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キノコづくしで。

もうすぐ(もう?)秋ですね。
キノコの季節ですね。
シイタケ、ブナシメジ、マイタケ、エノキだけ、ナメコ…などなど、
スーパーなどに行きますと、いろいろなキノコが並びます。
個人的にキノコが好きなので、
パスタにキノコ、煮物にキノコ、炒め物にキノコと、何にでもキノコを入れてしまいます。
最近はエノキとマイタケがお気に入り。
パスタにエノキを入れると、ソースと麺の絡みに役立ってくれているような??
シャキシャキの食感もいいですよね。

IMG_6697.jpg

「キノコづくし鍋」
作り方は…ないです。
スープは市販の「キノコ鍋の素」を使いました。
最近は、ハクサイがおいしい鍋の素だとか、チーズトマト鍋だとか、いろいろな鍋の素があるんですね~

IMG_6699.jpg

キノコはエノキダケ、シメジ、生シイタケ(菌床)、マイタケ、ハナビラタケ、アワビタケ。
あとはハクサイやネギ、ミズナなどなど、お好みの野菜やお肉を加えて、
キノコをもりもり食べましょう!!
キノコによって食感や味わいが違うので、たくさん入れるとさらにおもしろいですよ。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/10(土) 06:01:07|
  2. これ、食べよう♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糸ウリ、食べよう!!

IMG_5092.jpg

競り場にもたびたび登場している糸ウリさん。
そうめんカボチャとも呼ばれています。
なんでそうめん?
ゆがくと実がそうめんのようにほぐれるからであります。
で、ゆがいてそうめんのように食べたり、酢の物にしたり。
食べ方としてはこれぐらいしか知らなかったのですが、
先日、某テレビ番組でそうめんカボチャの料理を何品か紹介していまして。
気になったので、作ってみました。

IMG_5107.jpg

まずは「そうめんカボチャの煮物」です。
鶏そぼろを炒め、
ショウガ、砂糖、みりん、しょうゆで煮込み、
水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

ん~、食べているときにホロホロッと実が繊維状に崩れておもしろい!!
そうめんカボチャ自体はさっぱりしているので、
意外にするすると食べられます。


詳しくは「青空レストラン」のホームページをご覧ください~

  1. 2011/08/11(木) 11:55:33|
  2. これ、食べよう♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜、食べよう!!(その1)

さて。いつの間にやら梅雨も明け、すっかり夏日が続いている今日このごろ。
ナス、トマト、キュウリ、ピーマン…、
スーパーさんなどはもちろん、家庭菜園などでも夏野菜まっさかりですよね。

なので、せっせと食べてます!!

夏場は「暑いから、冷たい麺で~」という日も多いんですよね。
ツルンと食べられるのはいいのですが、麺だけだと栄養バランスがちょっと…と気になったりも。
そんなときは、夏野菜をたっぷりのせて食べちゃいます。

IMG_2028.jpg

「トマトとオクラのせ、ぶっかけそうめん」
オクラは板ずりしてからさっとゆでて、小口切りに。
トマトはザク切りに。
そしてそうめんにのせただけ。
だしとトマトがまた、合うんですよねー

ぶっかけ系でもう一品。
これまた夏に大フィーバー中のキュウリを使います。

IMG_3332.jpg

「キュウリと梅そぼろのぶっかけうどん」
キュウリ 1本
鶏ひき肉 100グラムほど
梅干し 2~3個ほど
みそ 大さじ2
酒 大さじ2
ゴマ油 適量

うどん
めんつゆ

1.薄い輪切りにしたキュウリは塩をふってしばらく置き、水気を絞る。
2.梅干しは種を除き、包丁でたたく。みそ、酒と合わせておく。
3.フライパンにゴマ油を熱し、鶏ひき肉を炒める。火が通り、ポロポロになったら(2)を加える。最後にキュウリを入れ、さっと炒める。
4.ゆでて水で冷やしたうどんにのせ、めんつゆをかける

火を通すとキュウリに甘さが出て、なんだかクセになりそうな予感。
キュウリのシャキシャキとした歯ごたえは残したいので、火は軽く通す程度にします。
水溶きカタクリ粉で梅味噌そぼろあんにとろみをつけてもいいかも~

ぶっかけ麺シリーズ、まだまだ挑戦してみるつもりです。
  1. 2011/07/22(金) 11:12:40|
  2. これ、食べよう♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

匠トマト、食べよう!!

JAひまわり(愛知)の匠トマトさんです。赤くてぶりっとしています。

IMG_7467_20110510095639.jpg

平成13年から出荷をスタート。
こちらでは桃太郎トマトを独自の方法で栽培しています。
水を抑えて育てるので、甘みが強いんです。
でも甘いだけではなく、トマトらしい味わいがあるといいますか。
ホームページには「トマト特有の青臭さ」と書いてあったりしますが、
味が濃いというか、濃厚というか。
トマト嫌いの方が「あの青臭いのがイヤ~」という青臭さとは違う気がします。
実がぎゅっと詰まっているので、ゼリー部分も少なめですかね~。
手に持つとずっしりと重みがあって、食べごたえもばっちりです。

IMG_7631.jpg

まずはそのまんま、食べてみてください。
真っ赤な色は切っただけでも美しい~です。

続きを読む
  1. 2011/05/09(月) 09:55:07|
  2. これ、食べよう♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新川キュウリ、食べよう!!

428_6825.jpg

富山県の新川地区で生産されている「新川きゅうり」さん。
出荷も始まっています。
鮮度がいいので、キュウリのイボイボもしっかりしています。
しゃっきり、パキパキの新川キュウリ、ぜひ食べてみてください!!

今日はお手軽3品。もみこむだけ、あえるだけ、漬けるだけ。
ちょちょっと一品欲しいときに、便利です。

IMG_7393.jpg

まず、新川キュウリさんに塩をふってまな板の上で転がして洗っておきます。

右:昆布あえ
乱切りにしたキュウリと塩昆布をポリ袋に入れてもみこみます。冷蔵庫で冷やして完成。

左:ごま油あえ
薄い輪切りにして塩をふっておきます。
水分が出てきたら水洗いして、ぎゅ~っと絞ります。
ごま油(大さじ1/2)と白ごま(大さじ1/2ほど)、しょうゆ(お好みで)で和える。

続きを読む
  1. 2011/05/06(金) 09:27:11|
  2. これ、食べよう♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。